スマートフォンをお使いの方はこちらから
スマートフォン、タブレット端末をご利用の方はこちらから動画がご覧いただけます。


ムービーを再生するには、ADOBE FLASH PLAYERが必要となります。
うまく再生できない場合は、FLASH PLAYERが入っていないか、バージョン(9以上必要)が古い可能性があります。

下記よりダウンロードしてください。
Adobeサイトへ(外部)

Enter

スペシャルムービーをフルで見る

【おしらせ】

■「第17回 リフォーム&リニューアル R&R 建築再生展2012」にて、「EDV-01」を出展しました。

2012年7月18日(水)〜2012年7月20日(金)、東京ビッグサイトで開催される「第17回 リフォーム&リニューアル R&R 建築再生展2012」にて、緊急災害救援ユニットEDV-01、壁面緑化、大和ハウス工業の床下点検ロボット「moogle」の実物展示等を行いました。   詳しくはこちら

■EDV-01が2011年度グッドデザイン賞を受賞しました。

財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2011年度グッドデザイン賞」の「デザインによる研究・開発部門」において、緊急災害救援ユニット「EDV-01」が受賞いたしました。  詳細 >>

■「メタボリズムの未来都市展」(東京六本木 森美術館)にて、「EDV-01」のビデオ展示を行いました。

20011年9月17日(土)〜2012年1月15日(日)に東京・六本木ヒルズ53Fの森美術館にて開催された戦後日本・今蘇る復興の夢とビジョン〜「メタボリズムの未来都市展」にてEDV-01のビデオ展示を行いました。

■EDV-01が特許を取得しました。

 EDV-01が、特殊環境用可搬建物として特許〔特許 第4796201号〕を取得いたしました。  詳細>>

■「リトル東京デザインウィーク:フューチャーシティ」に出展しました。

 2011年7月13日〜17日まで、ロサンゼルス、リトル東京におきまして大和ハウスグループとして出展し、応急仮設住宅の建設を通じ復興に携わってきた経験と技術をふまえた、災害救援の未来への提案を行いました。

■被災地へのEDV-01の派遣に関して

 この度の東日本大震災により、被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。くれぐれもご自愛いただき、一日も早く復旧されますことを心からお祈り申し上げます。

 EDV-01は、当社がこれまで応急仮設住宅の建設、プレハブ建築で培った技術やノウハウを結集し、緊急災害時の救援を行う前線基地となる建物のプロトタイプとして開発しました。

 このたびの東日本大震災の発生後、多くの方々よりEDV-01の現地への派遣を期待する声をお寄せいただきましたが、現状当社ではEDV-01の派遣を行っておりません。

 それは、EDV-01は現状プロトタイプ(試作品)が1台のみであり、今回のように被災地が広域にわたる状況では、1台を派遣することが、実質的な災害救援には繋がらないと判断したためです。

 この度の東日本大震災においては、企業として応急仮設住宅の建設等を通じて、全力で復興支援に取り組んでまいります。その上で、EDV-01のテスト、検証を行うと共に、国、自治体、インフラ機関等災害救援に携わる皆さまのお声を聞かせていただいた上で、将来の実用化、製品化にむけて開発を進めてまいります。

■EDV-01の紹介番組が放送されました

放送日:2月5日(土)11:55〜12:00
放送チャンネル:日経CNBC(CS放送)
番 組 名:『ものづくりの挑人たち』