くるみん

「次世代育成支援対策推進法」認定マーク「プラチナくるみん」を取得しました


2020年1月17日、大和リース株式会社は2009年、2011年、2014年、2019年に続く5回目の「次世代育成支援対策推進法」の認定マーク を取得し、この度、プラチナくるみんの取得となりました。

「くるみん」のマークは、2005年4月施行の「次世代育成支援対策推進法」に基づいて、 企業が子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その実績が認められた場合に、厚生労働大臣より認定を受け、取得できるものです。

今回、当社は、2014年4月1日~2018年3月31日を計画期間として策定した目標を達成したことが認められ5回目の取得となり、プラチナくるみんの取得となりました。



 

※「次世代育成支援対策推進法」とは

次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う 「次世代育成支援対策」を進めるため、国や地方公共団体による取組だけでなく、 301人以上(2011年4月1日以降は101人以上)の労働者を雇用する事業主は、 「一般事業主行動計画」(以下「行動計画」といいます。)を策定し、 速やかに届け出なければならないとし、雇用する労働者が300人以下 (2011年4月1日以降は100人以下)の事業主には、同様の努力義務があるとしているもの。