CSR 「社会」との共創共生 共に創る。共に生きる。 サステナビリティレポート 2017

事業を通じた社会への貢献について

被災地復興の取り組み@
〜平成28年熊本地震の被災地復興支援〜

2016年4月に発生した「平成28年熊本地震」により被災した地域において、当社では応急仮設住宅をはじめ、庁舎、教育施設、店舗、病院の仮設建物を建設しました。

応急仮設住宅の建設にあたっては、大和ハウスグループ一丸となって取り組み、2016年6月から順次完成し入居開始となり、10月末までに合計1,016戸(内、大和リース692戸)を完成しました。

今回の応急仮設住宅の特長として熊本県産材をキッチン床や玄関などに使用するとともに、住宅棟間を広くゆとりをもった配置にして、そこに小路を設けベンチを置き、住民の方々のコミュニケーションの場となるよう工夫をしています。

今後は、仮設に加え本格的な復興支援に全力をあげて取り組んでまいります。

釜石漁火酒場 かまりば
釜石漁火酒場 かまりば

被災地復興の取り組みA
〜賑わい拠点「釜石漁火酒場 かまりば」 オープン〜

当社は2017年1月に自社で運営・管理を行う釜石大町飲食店街「釜石漁火酒場 かまりば」をオープンさせました。

これは東日本大震災復興プロジェクトの一環として取り組んだもので、名物飲食店街である「呑ん兵衛横丁」をはじめ、地元住民の方々に愛された飲食店を再建することで、震災による津波被害を受けた地域に、賑わいを創出する拠点をつくることができました。

今後も被災地の復興と賑わいづくりに貢献してまいります。

耐津波設計 自走式駐車場イメージ
耐津波設計を行った自走式駐車場

耐津波設計を行った自走式駐車場の提案

リーシング ソリューション事業部では、地震・津波に備えた安心設計の自走式立体駐車場の提案を行っています。耐津波設計を行い、構造耐力上の安全を確保したパーキングで、「津波避難ビル」指定基準を満たしたものです。災害時には、こどもから高齢者まで、一度に多くの方々が避難できる場所としても適した造りで、平常時には利用者への利便性を提供し、非常時には防災機能を発揮する施設となっていますので、今後も「南海トラフ地震津波避難対策特別強化地域」において、積極的に提案していきます。

PFUブルーキャッツ クラブハウス外観
PFUブルーキャッツ クラブハウス外観

スポーツ振興の取り組み

当社は2016年11月に、石川県かほく市を本拠地として、Vリーグで活躍する女子バレーボールチーム「PFUブルーキャッツ」のクラブハウスの建設に携わりました。

施設内には、日本海の絶景が望めるトレーニングルームや、香りを付加した内装材「D’sアロマビズ」を採用したロッカールームなど、選手が快適に使用できる環境を整備しました。

また、設計・施工の一括管理によるデザインビルド建築により、2カ月半の短工期で完成することができました。

今後もお客さまの要望に沿った高品質の施設建設でスポーツ振興に貢献していきます。

特別養護老人ホーム
物件事例@ 特別養護老人ホーム

サービス付高齢者向け住宅
物件事例A サービス付高齢者向け住宅

福祉施設建設で地域貢献

当社は、「特別養護老人ホーム」や「サービス付高齢者向け住宅」などの高齢者福祉施設を、徹底した軽量化・標準化をもって高品質と優れたコストパフォーマンスを提供しています。建物・設備のハード面だけでなく、土地活用のご提案、事業パートナー選び、各種申請、アフターサービスまでワンストップでサポートします。

道の駅サーモンパーク千歳
物件事例@ 道の駅サーモンパーク千歳

 女川町まちなか交流館
物件事例A 女川町まちなか交流館

にぎわいづくりで地域に貢献

当社では、自治体が取り組んでいる「地域の活性化」を実現するため、さまざまな施設の整備に携わっています。北海道千歳市では「道の駅サーモンパーク千歳」の建設に携わりました。リース方式を活用した施設リニューアルに取り組み、「施設の集客装置」として個性的でデザイン性の高い施設を完成させました。宮城県女川町では、「女川町まちなか交流館」の建設に携わりました。「居心地の良いまちの居間となるにぎわい交流拠点」をコンセプトに、外観は商業エリア全体の落ち着きのある木造の雰囲気に調和させ、内装にも木の良さをたっぷり感じられる意匠を採用し、明るく快適な空間が生まれています。

高浜市庁舎(リース方式)
物件事例@ 高浜市庁舎(リース方式)

保育園
物件事例A 保育園

庁舎・保育園・学童保育施設等の建設で地域に貢献

当社は、工期を短縮できるデザインビルド(設計施工)、単年度の予算負担を軽減するPPP手法、また民間収益施設を複合した公民複合施設等、多種多様な形で自治体の施設整備をお手伝いしています。

また、待機児童解消といった社会問題に早急に対応するため、自治体・社会福祉法人に対して建設用地の情報提供を行うことで、保育園・学童保育施設建設に積極的に携わっています。

総曲輪レガートスクエア施設全景
総曲輪レガートスクエア施設全景

「医療・福祉・健康」をテーマとした公民複合施設

当社は2017年4月に、富山市中心部の小学校跡地にオープンした公民複合施設「総曲輪レガートスクエア」の建設に携わりました。

この公民複合施設は医療・福祉・健康をテーマとしたもので、子育て支援や在宅医療、地域コミュニティを推進し、健康まちづくりの拠点となる公共施設「富山市まちなか総合ケアセンター」やスポーツクラブ、医療福祉・調理製菓の専門学校、カフェ、立体駐車場、ギャザリングスペースなどの民間施設で構成されています。

また、地域の方の活動拠点「まちスポとやま」も開設され、今後地域活性化に貢献していきます。

CSRレポートTOPへ前のレポートへ次のレポートへ

イベント・協賛