CSR 「社会」との共創共生 共に創る。共に生きる。 CSRレポート 2016

地域社会における社会貢献について

スマイルアクション

「つながる笑顔は無限大」を合言葉に、当社が運営する複合商業 施設を通じて、入居するテナント様、お客様と一体となって地域や 環境、社会への貢献につながる様々な活動を行っています。

スマイルアクションは、4つのカテゴリーで構成されており、@地 域の祭りや交通安全、献血、地域清掃などの地域活動への協力を 行う「地域貢献」 Aユニセフ募金や盲導犬育成支援活動などへの 募金や団体支援を行う「社会貢献」 Bエコキャップ・プルタブ・不 要衣類のリサイクルなど環境に配慮した活動を行う「エコ」 C災害 の復興支援や災害への備えの重 要性を訴える「復興支援」。以上の ような活動をお客様に買い物つい でに気軽に参加いただくことで、 施設が地域の一員となれるよう活 動をしており、2015年度は2,297 回の活動を実施しました。

スマイルアクション(商標登録第5608513号)
当社が商業施設を通じて、企画提案し実践している社会貢献・エコ・復興支援・地域貢献の活動の総称です。

詳しい活動内容はこちら ≫

復興支援イベント
「Action5:みんなで楽しく、学ぼうさい・遊ぼうさい」

当社は震災の記憶を風化させないという想いから、全国の商業 施設において毎年3月に東日本大震災復興イベントを開催してい ます。

2012年に「Action1:絆」、2013年に「Action2:花でつなげよ う笑顔のリレー」、2014年に「Action3:おいでよ!東北・届ける伝 えるココロとコトバ」、2015年に「Action4:知ろう、つながろう、語 り継ごう東北」、2016年には「Action5:みんなで楽しく、学ぼうさ い・遊ぼうさい」と題して、全国13カ所の商業施設が連動してイベ ントを開催しました。

今回は、防災の知識を深めるクイズ、防災グッズ体験、非常食の 試食会、防災科学実験ショーなどを通じて防災について楽しく学 びながら、防災意識を高めるイベントを実施しました。

フレスポ飛騨高山「まちスポ」
フレスポ飛騨高山「まちスポ」

地域とNPOをつなぐ架け橋「まちスポ」

高山市の商業施設「フレスポ飛騨高山」(高山市:2012年11月開業)では、地域のNPOや市民が活動できる場としてコミュニティスペースを提供するため、NPO法人まちづくりスポット(通称「まちスポ」)の組成に協力しました。

高山市の商業施設「フレスポ飛騨高山」(高山市:2012年11月開業)では、地域のNPOや市民が活動できる場としてコミュニティス ペースを提供するため、NPO法人まちづくりスポット(通称「まちス ポ」)の組成に協力しました。

まちスポは、施設内にあるコミュニティスペースの運営を行い、 市民活動団体の発表などのイベントを毎日のように開催していま す。買い物にこられたお客さまが気軽にイベントに参加して新しい 出会いも生まれています。

2013年11月には、当社と認定NPOソムニードが協働で行う「市 民活動を応援する場と組織づくり事業」について高く評価をいただ き、「第10回日本パートナーシップ大賞」の優秀賞を受賞、2015年 5月には、日経ソーシャルイニシアチブ大賞のファイナリストに選出 されました。

現在では「まちスポ飛騨高山(フレスポ飛騨高山)」に引き続き、 「まちスポ稲毛(フレスポ稲毛)」、「まちスポ神戸(BRANCH神戸学 園都市)」、「まちスポ茅ヶ崎(BRANCH茅ヶ崎)」、「まちスポ恵み野 (フレスポ恵み野)」が開設され、2016年7月には「まちスポ鳥栖 (フレスポ鳥栖)」を新設予定となっています。

今後も、地域コミュニケーションの活性化の支援活動を実施し ていきます。


【まちスポ設置施設】 
フレスポ飛騨高山/フレスポ稲毛/BRANCH神戸学園都市/BRANCH茅ヶ崎/フレスポ恵み野/フレスポ鳥栖

フレスポ飛騨高山「まちスポ」
フレスポ小田原シティモールワークショップ

FUKUFUKUプロジェクト
〜環境をテーマとした全国縦断の活動

当社は、古着や使わなくなった衣料品の綿部分をバイオエタノー ルにリサイクルし、重油代替燃料に再利用する技術をもつ日本環 境設計株式会社とタイアップし、映画「バック・トゥ・ザ・フュー チャー2」に登場する車型タイムマシーン「デロリアン」がゴミを燃 料にして走らせるシーンをこの技術で再現するイベントを企画し、 全国10カ所の商業施設にて協同開催しました。

各商業施設に衣料品を回収する為のボックスを設置し、10施設 合計で1,780kgの衣料品が集まり、623?のバイオエタノールを生 成しました。

今後も当社商業施設の運営を通じた社会貢献・地域貢献活動 の一環として「FUKUFUKUプロジェクト」に協賛し、繊維製品のリ サイクルに取り組んでいきます。

「まちスポ」が全国5カ所に 交流スペース利用者が増加、活動も活発化 (2016年6月現在)

当社が運営する商業施設内に地域のNPOや市民団体の活動を 応援するスペースとして提供する「まちスポ」が、新たに開設された 「まちスポ茅ヶ崎(BRANCH茅ヶ崎)」、「まちスポ恵み野(フレスポ 恵み野)」を加え、全国で5カ所となりました。

昨年度全国5カ所の交流スペース利用者数は44,000人、利用登 録団体数は123団体となり、各地域での活動も積極的に行われて います。

市民協働のまちづくりを目指す全国各地の地方自治体やNPO、 大学等教育研究機関の視察も増え、遠くは韓国(大韓国土・都市計 画学会)からの視察もありました。

「まちスポ高山」「まちスポ神戸」では、市民主導で地域の活性化 や課題解決に取り組む団体を支援する目的で基金を創設・助成し たり、人材不足に悩む地方の中小企業向けに都市部の大学生を受 け入れることで、若者目線で経営者に新たな気づきを与える「ひだ インターン留学」を実施したりと、各地でさまざまな事業が展開さ れております。今後も、地域の活性化につながるよう「まちスポ」に 対する支援活動を実施していきます。


【まちスポ設置施設】 
フレスポ飛騨高山/フレスポ稲毛/BRANCH神戸学園都市/BRANCH茅ヶ崎/フレスポ恵み野/フレスポ鳥栖(2016年7月設置)

CSRレポートTOPへ前のレポートへ次のレポートへ

イベント・協賛