CSR 「環境」との共創共生 共に創る。共に生きる。 CSRレポート 2016

地球温暖化防止への取り組み

商業施設共用部照明のLED化への取り組み

「エネルギーの使用の合理化等に関する法律」(省エネ法)が定め る「年間1%のエネルギー使用の削減」を実施するため、当社では効 果的な設備投資を計画に進めています。

当社が全国で運営している商業施設の中で、特に共用部のエネ ルギー使用量が多い15カ所の商業施設において、屋内共用部照 明をLEDに切り替え、更に2015年度は37施設の屋外看板照明・ 外灯のLED化にも取り組みました。これにより、年間の電気使用 量は1,188千kWh、CO2排出量は503トンの削減の見込みが 立っています。

目標および実績

対象範囲:
  事務:国内事業所(本社(1),本店・支店(32),営業所(16)) 
  車両:社用車
  工場:デポ※1 (14)・工場※2 (5)
  商業施設:113施設(共用部のみ)

  ※1 デポ:当社が提供するリース製品を維持・保管するストックヤード
  ※2 工場:デポの機能と当社製品の生産機能をもつ事業場
 

地球温暖化防止への取り組み実績

【2016年度目標】
   事務部門 : 床面積当たりCO2排出量 2%削減(2015年度比)
   車両部門 : 台数当たりCO2排出量 2%削減(2015年度比)
   商業施設部門 : 共用部面積当たりCO2排出量 2%削減(2015年度比)   
   工場部門 : 生産量当たりCO2排出量 2%削減(2015年度比)

資源保護(廃棄物削減)への取り組み

目標および実績

対象範囲:
  工場:デポ※1( 14)・工場※2( 5)
  施工:仮設建築・一般建築の新築現場、仮設建築物 ( リース)の解体現場

  ※1 デポ:当社が提供するリース製品を維持・保管するストックヤード
  ※2 工場:デポの機能と当社製品の生産機能をもつ事業場
 

資源保護(廃棄物削減)への取り組み実績

【2015年度目標】
   工場部門 : 生産量当たり産業廃棄物排出量 2%削減(2015年度比)・リサイクル率 95%以上
   施工部門 : 施工面積当たり産業廃棄物排出量 2%削減(2015年度比)・リサイクル率 90%以上

有害化学物質削減への取り組み

フローコーター・温風低圧塗装機
フローコーター・温風低圧塗装機

塗料の改善・塗着効率向上による
有害化学物質排出削減

当社では2012年度より工場における鉄骨塗装工程で排出されるVOCおよび鉛排出削減を目的に、一般錆止め塗装の弱溶剤塗料および鉛フリー塗料への切り替えを進めています。

2014年度は、弱溶剤系または鉛フリー塗料への切り替え率は83%となり、また錆止め塗料の100%鉛フリーを達成しました。今後も弱溶剤化、鉛フリーを継続して維持します。

また、関東工場において、エアレス塗布機に使用するコンプレッサーのエア適性化に取り組み、塗料飛散量の低減に向けた運用を開始し、今後は全工場への水平展開を計画しています。

さらに、壁パネル塗装工程においては、栃木二宮デポと岡山デポにおいてフローコーターを設置し、全デポにおいて温風低圧塗装機を配置して水性塗料化にも継続して取り組みます。

目標および実績

対象範囲:
  工場:デポ※1 (14)・工場※2 (5)

  ※1 デポ:当社が提供するリース製品を維持・保管するストックヤード
  ※2 工場:デポの機能と当社製品の生産機能をもつ事業場
 

有害化学物質削減への取り組み実績

【2016年度目標】
   工場部門 : 生産量当たりPRTR対象化学物質排出・移動量 2%削減(2015年度比)

CSRレポートTOPへ前のレポートへ次のレポートへ

イベント・協賛