1. 大和リーストップ
  2. くるみん

「次世代育成支援対策推進法」認定マーク(愛称「くるみん」)を取得しました


認定マーク 愛称「くるみん」

2014年5月2日、大和リース株式会社は2009年、2011年に続く3回目の「次世代育成支援対策推進法」の認定マーク (愛称「くるみん」)を取得しました。

「くるみん」のマークは、2005年4月施行の「次世代育成支援対策推進法」に基づいて、 企業が子育て支援のための行動計画を策定・実施し、その実績が認められた場合に、厚生労働大臣より認定を受け、取得できるものです。

今回、当社は、2011年4月1日〜2014年3月31日を計画期間として策定した目標を達成したことが認められ3回目の取得となりました。

なお現在、第4回目の行動計画に基づき、取り組みを実施しています。

行動計画の概要 <第4回目>

【期間】

2014年4月1日〜2017年3月31日までの3年間

【目標】

1.所定労働時間削減のための措置を継続的に講じる
 『労働時間の適正把握』および『過度な所定外労働の削減』を推し進め、仕事と生活の両立を支援する。

2.職場優先の意識や固定的な性別役割分担意識を是正するための情報提供を実施する。

 

※「次世代育成支援対策推進法」とは

次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ、育成される環境の整備を行う 「次世代育成支援対策」を進めるため、国や地方公共団体による取組だけでなく、 301人以上(平成23年4月1日以降は101人以上)の労働者を雇用する事業主は、 「一般事業主行動計画」(以下「行動計画」といいます。)を策定し、 速やかに届け出なければならないとし、雇用する労働者が300人以下 (平成23年4月1日以降は100人以下)の事業主には、同様の努力義務があるとしているもの。

厚生労働省ホームページ 詳細はこちら>> 
「次世代育成支援対策推進法」認定について 詳細はこちら>>