復興支援・防災

復興のメインビジュアル スマートフォン用の画像

この度の地震、台風、豪雨などの自然災害により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
大和リースでは、被災地の復興に向けて、全社をあげて取り組んでまいります

大和リースの復興支援・防災の取り組み。

大和リースは、地震や台風などの自然災害に際して、応急仮設住宅の建設をはじめ、さまざまな場面で復興に取り組んできました。

これからも公民連携による防災拠点整備や地域につながりを育むまちづくりで、復興と子どもたちの未来に貢献していきます。

大和ハウスグループ 応急仮設住宅建設戸数
阪神・淡路大震災 14,742※1総建設戸数 48,300戸 ※2
東日本大震災 11,051※1総建設戸数 52,620戸 ※3
熊本地震 1,016※1総建設戸数 4,303戸 ※4
※1:当社調べ
※2:兵庫県「阪神・淡路大震災に係る応急仮設住宅の記録」
※3:国土交通省「応急仮設住宅 着工・完成戸数の推移」
※4:熊本市ホームページより

防災拠点の整備事例

防災拠点
防災拠点の画像 防災拠点の画像
公民連携のメリットを生かした庁舎を整備。
防災拠点機能を備え、地域コミュニティの活性化に貢献します。
耐震性不足と老朽化に伴う庁舎建替え。リース方式によりコストの平準化をはかり、防災機能と省エネなど環境性を併せ持ったコンパクトな新庁舎が実現しました。

関連リンク : 施工実績 >>

復興支援の取組み事例

平成30年7月豪雨 復興支援
復興支援画像 復興支援画像
愛媛県と岡山県の応急仮設住宅を担当。
災害時の迅速な対応で、被災地復興を支援。
 
全国で多数の住宅被害をもたらした平成30年7月豪雨。大和リースは、特に被害の大きかった愛媛県と岡山県の応急仮設住宅を担当。また、被災した学校の仮設校舎の建設などにも取り組んでいます。
熊本復興支援
熊本復興支援画像 熊本復興支援画像
災害復興に向け、全社をあげて対応。
応急仮設住宅、仮設庁舎、仮設校舎を整備。
2016年4月に発生した「平成28年熊本地震」。応急仮設住宅や、甚大な被害を受けた益城町の仮設庁舎、子どもたちに安心な学びの場を提供する仮設校舎の整備など、被災地の復興に取り組んでいます。
東北復興支援
東北復興支援1 東北復興支援1
商業エリアに人々の交流拠点。豊かなにぎわいを地域の活力に。
東日本大震災からの復興整備事業として大和リースが施工を担当した「女川町まちなか交流館」(宮城県)。
「居心地のよい、まちの居間となる、賑わい交流拠点」をコンセプトに、住民や観光客が気軽に交流事業や文化活動などに利用していただける拠点を整備しました。
周辺の商業施設と一体化して、まちの賑わいづくりや地域コミュニティの創生に貢献しています。

関連リンク: 施工実績 >>
東北復興支援2 東北復興支援2
エリアマネジメント・パートナーとしてまちづくりに協力。
岩手県大船渡市の復興拠点整備事業の一環として整備された「キャッセン大船渡」エリア。
大和リースはエリアマネジメント・パートナーとして参画し、自治体と協力して、まちづくり会社の設立サポート、商業施設の整備などを行いました。今後も、まちの復興・再生・発展を支えていきます。

関連リンク : 施工実績 >> CSRレポート>>
東北復興支援3 東北復興支援3
復興に向けた新たな行政サービスの拠点に、宮城県松島町の新庁舎
地震被害により「大規模半壊」という状態になった宮城県松島町の旧庁舎。新庁舎への要望として、仮庁舎と位置づけられてはいるものの、10年〜15年は維持できる耐久性の高い建物であることが求めらました。短工期ながらも復興のシンボルとなる商品を提案いたしました。

関連リンク : 施工実績 >>


建物についての 資料請求、ご相談 はこちらから

建物についての 資料請求、ご相談 は右下のボタン
またはお電話から

カタログ&資料請求 お問合せ&ご相談

電話でのお問合せ(フリーダイヤル)
0120-988-523

通話無料で全国お近くの事業所につながります。お気軽にお問合せください。

電話番号をタッチしていただくと、自動で電話アプリが起動します。
通話無料で全国お近くの事業所につながります。お気軽にお問合せください。