検索

×閉じる

メニュー

ケーススタディ:Case.3

福祉施設に関するご相談・お問い合わせはこちら

有料老人ホーム「たのしい家新宿下落合」&「下落合そらいろ保育園」

新宿のオフィスビルをコンバージョン

有料老人ホームたのしい家新宿下落合&下落合そらいろ保育園

たのしい家新宿下落合外観

コンバージョンで、建物に新たな価値。

東京都新宿区のオフィスビルを当社がコンバージョン(用途変更を行って大規模改修)によって整備。2017年4月に介護付き有料老人ホーム「たのしい家新宿下落合」、5月に認可保育園「下落合そらいろ保育園」が開設されました。

自社LOC方式のこの事業は、当社が既存建物と土地を購入し、介護事業者である株式会社ケア21様と社会福祉法人幌北学園様をテナント企業として、そのニーズに対応したコンバージョンを実施することで、利便性の高い都心立地、周辺の地域状況、建物の形状などが活かされ、築30年を超える建物が新しい価値をもつことになりました。

居室

サンルームのある居室

廊下

廊下

ラウンジ

ラウンジ

地下2階の食堂

地下2階の食堂

形状を活かした独創的な介護施設に。

「たのしい家新宿下落合」は、地下2階から地上6階(1階はエントランスのみ)に入居。地下2階に食堂、2階から4階の居住スペースは、避難・安全性に配慮した計画によって、屋外全周バルコニーではなく、既存建物に採用されていたカーテンウォールを活用しています。また、サンルームを設置するなど、快適な居室空間を提供しています。株式会社ケア21の東日本介護事業部部長 楊 裕成氏は「谷中やなかに次いで、東京都心で2施設目が開設できて喜んでいます。一般の介護施設にはない設計にも満足しています。例えば全室が東向きで明るいこと、地下2階に設けた食堂は独立性が高く、人の出入りがあっても入居者が気にならないので、地域の方々との交流スペースなどにも活用できそうです。大和リースにはいろいろな要望に対応してもらい、感謝しています」と語られています。

 

1階の「そらいろ保育園」でも、建物北側の2つの既存空地を活かした園庭を設け、敷地内に子どもたちが安心して遊べるスペースを確保しています。

既存建物の用途を変更して大規模改修を行うコンバージョンは、建物ストックが有効活用できる、環境負荷も抑制しながら建物に新たな価値を生み出す手法として今注目されています。今後もさらに必要性が高まるものと見られており、当社でも機会があればコンバージョンに積極的に取り組んでいきます。

 

保育園園庭

保育園と同一敷地内の園庭

保育園内部

保育園内部

[DATA]

建築面積 1,232m2(372.68坪)
延床面積 5,477m2(1656.79坪)
構造規模 鉄骨鉄筋コンクリート造 地上6階、
地下2階建(建築1984年8月)
工事種別 大規模改修

福祉施設に関するご相談・お問い合わせはこちら

福祉関連

大和リースの事業