CSR 「社会」との共創共生
共に創る。共に生きる。 サステナビリティレポート 2018

事業を通じた社会貢献

被災地復興の取り組み
~市街地再生をめざす公民連携のエリアマネジメント~

当社は、東日本大震災の津波にて甚大な被害を受けた大船渡市 駅周辺地区の市街地再生のため、2014年3月に「大船渡駅周辺地 区のまちづくりに係るエリアマネジメントの推進に関する協力協 定」を結び、2015年12月には、当社をはじめ、大船渡市や地元企 業、商工会議所、金融機関など9者の出資のもと「株式会社キャッ セン大船渡」を設立しました。

当社独自では商業施設の整備・運営を主体に大船渡市の復興支 援に取り組んでいて、2017年4月には「キャッセン フードヴィレッ ジ」と「キャッセン モール&パティオ」の2つの施設の施工に携わり ました。「キャッセン フードヴィレッジ」は、地元の人気飲食店など 12店舗が集まり、大船渡の飲食文化を来街者に感じていただける 施設となっています。また、「キャッセン モール&パティオ」は、物販 やサービスの多様な業種17店舗が出店しており、地域の課題や ニーズに対応した新ビジネス創出の場となっています。

今後も、大船渡市の基盤整備に携わり、復興と発展に貢献して いきます。

当社参画の「株式会社キャッセン大船渡」が
第12回 日本都市計画家協会賞の「優秀まちづくり賞」を受賞

2017年10月8日に、当社が岩手県大船渡市のエリアマネジメント・パートナーとして経営に参画しているまちづくり会社「キャッセン大船渡」が、第12回日本都市計画家協会賞の最高位である「優秀まちづくり賞」を受賞しました。

この賞は、全国の都市や地域で実践されているさまざまな分野や テーマの「草の根まちづくり活動」を応援し、優れた理念や活動を発信・波及することを目的としている賞で、「全国まちづくり会議2017in横浜」でのプレゼンテーションの結果、当賞に選出されました。

芸術文化と情報発信の拠点 「学びの杜ののいちカレード」誕生

図書館
図書館

当社を代表企業とする特別目的会社「野々市中央まちづくり株式会社」は、石川県野々市市のPFI事業「野々市市中央地区整備事業」の一環として、図書館と市民学習センターを融合させた芸術 文化の創造と情報発信の拠点「学びの杜ののいちカレード」を2017年11月1日にオープンさせました。

施設中央の図書館の周りを取り囲むようにキッチン、音楽スタジオ、創作スタジオや研修室・会議室などを配置しており、市民間の交流が生まれ、賑わいを創出できる環境を整備しました。

今後も、豊富な実績で培ったPFIのノウハウを活用して、地域課題の解決に貢献していきます。

「医療・福祉・健康」をテーマとした公民複合施設

総曲輪レガートスクエア
総曲輪レガートスクエア施設全景

当社は2017年4月に、富山市中心部の小学校跡地にオープンした公民複合施設「総曲輪レガートスクエア」の建設に携わりました。

この公民複合施設は医療・福祉・健康をテーマとしたもので、子育て支援や在宅医療、地域コミュニティを推進し、健康まちづくりの拠点となる公共施設「富山市まちなか総合ケアセンター」やスポーツクラブ、医療福祉・調理製菓の専門学校、カフェ、立体駐車場、ギャザリングスペースなどの民間施設で構成されています。

また、地域の方の活動拠点「まちスポとやま」も開設され、今後地域活性化に貢献していきます。

PPPセミナー「公民連携Dチャンネル」

当社は、2017年3月30日に国土交通省と締結した「PPP (Public-Private-Partnership)協定(Ⅱ)」に基づきPPP/PFIの推進をはかるため、自治体向けセミナー「公民連携Dチャンネル」を開催しており、2017年度は全7回の開催となりました。

当セミナーは、国土交通省後援の下、特別非営利活動法人 日本PFI・PPP協会にご協力いただき、当社のテレビ会議システムを活用して全国の事業所へ同時配信して開催しています。セミナーの内容については、毎回、自治体が抱える財政面・政策面の課題解決を目的に、各分野の有識者が多彩なテーマについて講演を行っています。

2018年度は4回の開催を予定しており、今後も自治体の課題解決に役立つ有意義な場となるよう取り組んでいきます。

庁舎・保育園・学童保育施設等の建設で地域に貢献

立川地方合同庁舎
物件事例① 立川地方合同庁舎(PFI/BTO方式)

学童保育施設
物件事例② 学童保育施設

当社は、工期を短縮できるデザインビルド(一括発注方式)、単年度 の予算負担を軽減するPPP手法、また民間収益施設を複合した公民複合施設等、多種多様な形で自治体の施設整備をお手伝いしています。

また、待機児童解消といった社会問題に早急に対応するため、 自治体・社会福祉法人に対して建設用地の情報提供を行うことで、保育園・学童保育施設建設に積極的に携わっています。

福祉施設建設で地域貢献

特別養護老人ホーム
物件事例① 特別養護老人ホーム

サービス付高齢者向け住宅
物件事例② サービス付高齢者向け住宅

当社は、徹底した軽量化・標準化をもって高品質と優れたコストパフォーマンスをもって「特別養護老人ホーム」や「サービス付高齢者向け住宅」などの高齢者福祉施設を提供しています。建物・設備のハード面だけでなく、土地活用のご提案、事業パートナー選び、各種申請、アフターサービスまでワンストップでサポートします。

農業分野支援の取り組み

PaddyWatch
左:PaddyWatch  右:FieldServer

当社は、高齢化や担い手の減少などの日本の農業分野が抱える課 題解決のため、ベジタリア株式会社と協業し、ICT農業センサーシステムのリース・レンタルを通じて、農業分野支援に取り組んでいます。

水稲向け水管理システム「PaddyWatch(パディウォッチ)」は、水田に設置することで、水位や水温のデータをインターネットから受信でき、大規模農家や兼業農家にとって大きな負担となる労力や労務費を削減し、効率化を図ることができるシステムとなっています。

また、農業用圃場計測モニタリングシステム 「FieldServer(フィールドサーバ)」は、葉物野菜、果樹、露地栽培、ハウス栽培など栽培作物の特性に応じて設置でき、作物の育成管理や病害虫予察など、データに基づいた栽培管理が可能なシステムとなっています。

今後も、車両リース事業や福祉ロボットレンタル事業にて培われたノウハウを活かし、次世代農業「スマート農業」の普及に取り組んでいきます。

耐津波設計を行った自走式駐車場の提案

耐津波設計 自走式駐車場イメージ
耐津波設計を行った自走式駐車場

リーシング ソリューション事業部では、地震・津波に備えた安心設計の自走式立体駐車場の提案を行っています。耐津波設計を行い、構造耐力上の安全を確保したパーキングで、「津波避難ビル」指定基準を満たしたものです。災害時には、子どもから高齢者まで、一度に多くの方々が避難できる場所としても適した造りで、平常時には利用者への利便性を提供し、非常時には防災機能を発揮する施設となっていますので、今後も「南海トラフ地震津波避難対策特別強化地域」において、積極的に提案していきます。

Bus Park Navi (バスパークナビ)

当社は、2017年11月よりインターネットで簡単にバス駐車場の予約が 可能となる「Bus Park Nav(i バスパークナビ)」の運用を開始しました。

観光バス会社や旅行会社向けに開発された当システムは、専用サイトから会員登録(無料)をすることで、バス専用駐車場の空室・満車情報の閲覧や予約の利用が可能となります。バス駐車場の事前確保ができることで、安心した運行計画を実現できるとともに、交通渋滞の緩和、環境負荷の低減につながります。

今後は、観光地での拠点数拡大や、行楽シーズンの期間限定駐車場の拡充など、さらに利用しやすいサービスの提供を目指していきます。

JICA研修生の視察

2017年10月にJICA(独立行政法人 国際協力機構)の研修生が、当社の滋賀水口デポ・関西工場に視察に訪れました。2015年、2016年に続き、今回で3回目の視察となります。

この視察は、JICAが主催する「住宅・住環境の改善と防災」の研修の一環として実施されたもので、世界の開発途上国から選ばれた研修生が2カ月にわたり日本各地の住宅や災害復興への取り組み等を見学し、住宅・住環境の改善や防災政策の計画力・実行力の向上に活かすことを目的として行われています。

当社への視察では、住宅工業化技術に関する講習会、物流拠点であるデポの商品保管方法や生産拠点である工場の製作工程などの見学会を行いました。