保育でも地域貢献

東京都東村山市 株式会社ロンド・スポーツ ロンドなないろ保育園

地元での幅広い事業展開を基盤に、従業員満足とともに新たな地域貢献を目指して、初の保育施設を2018年4月に開園しました。

待機児童が多い0歳~2歳児を対象に。

 東村山市に本社を置く株式会社ロンド・スポーツは、ゴルフ、テニス、スイミングなどのスポーツクラブなどを手広く展開しています。多くの女性社員の要望を受け、企業主導型保育事業を計画。2017年5月に行われた業者選定を経て、保育所の豊富な実績とノウハウが評価されて当社が設計と施工を担当しました。着工は2017年11月で、2018年2月に竣工し、4月から開園しています。株式会社ロンド・スポーツスイミング事業部保育事業所チーフ 石坂純一氏は「子どもを預けて復職したいという女性社員の要望に対応すると同時に何か地域貢献もしたいと考え、待機児童が多い0歳~2歳を対象に、20名の定員のうち、地域の子どもたちの受入れを10名としました」と語ります。

保育室
静脈認証システム
厨房
園庭

スポーツ施設のノウハウも活用。

スイミング事業部 保育事業所チーフ 石坂氏
事業開発室 室長補佐 中桐氏
仁田水園長

設計面での要望は「一般の保育園イメージにしない」こと。シンプルでグレード感のある外観は保護者にも好評です。「スタジオで使用しているクッション性の高い床材や入館者チェックをする最新の静脈認証システムなどスポーツクラブの設備が保育施設にもマッチしました」と説明するのは同社事業開発室室長補佐 中桐敏雄氏。大和リースの対応や工事の段取りに、経験の豊富さを感じたとのこと。運営管理は当社がご紹介した株式会社木下の保育が担当。同社社員で園長を務める仁田水早苗氏は使い勝手について「建物の隅々まできめ細かな工夫が至るところにされています。スタッフも全員有資格者で他にはない質の高さだと思います」と述べています。社内公募で決定された同保育園の名称は「虹の七色のようにたくさんある子どもたちひとりひとりの個性を大切にしながら成長を見守っていきたい」という思いを表したもの。今後について石坂氏は「ロンドなないろ保育園の理念であるひとりひとりを大切にする心をもって、保育事業を軌道に乗せたい」と語っています。

[DATA 施設の概要]

敷地面積 540.92m2(163.62 坪)
建築面積 156.63m2(47.38 坪)
延床面積 310.37m2(93.88 坪)
構造規模 軽量鉄骨造 2階建 ダイワステップ



システム建築の資料請求、ご相談はこちらから。