石島 章伍

2011年入社 工事部

イメージ イメージ
現在の仕事内容は?
東京本店工事部に所属し、現場監督として建物の施工管理をしています。 管理内容は安全・品質・原価・工程などがあります。現在は、倉庫・工場向けの「ダイワスペース」という商品を施工しています。
今の仕事のやりがいは?
お客様の要望を営業・設計が書面・図面化し、この情報をもとに工事が着工します。
竣工するまでに社内だけでも様々な部門が関与し、現場が始まれば各工種のプロ が集結し、ひとつの目的を達成するために現場監督として私が指揮をとります。 安全第一でお客様が求める品質・原価・工程を守り、建物を無事完成させることがやりがいです。完成までのプロセスが苦難であればあるほど、お客様からの感謝の言葉に喜びを感じることができます。
この会社に決めた理由は?
父が建設業に携わっており、子どもの頃から建築に興味がありました。
「地図に残る建物をつくりたい」などと思っていましたが、就職活動をする中で、 大和リースが基軸としている「建物のリース」という存在を知り、プレハブ建築の部材をリユースする思想や短工期・低コストを実現する施工技術に将来性と可能性を感じました。また、大和ハウスグループである安心感、福利厚生の充実度合も大和リースに決めた理由になります。
大和リースの良さとは?
若い社員が即戦力として働けることです。 責任も大きく大変ではありますが、必ず良い経験となります。 実際に私は入社1年目でありながら、2011年3月11日に発生した東日本大震災の応急仮設住宅施工の現場に行かせていただきました。地震が発生したときは皆さんと 同じ学生で、その2ヶ月後には復興現場です。 1日でも早く仮設住宅を完成させるために全国から社員が集まっていました。
戮力協心できるところも大和リースの良さだと思います。

戮力協心(りくりょくきょうしん):
全員の心をひとつにして、力を合わせるという意味。中国の思想家 墨子の思想を編集した「墨子」に由来。
将来の目標は?
最近では大規模な本建築にも大和リースは注力しています。 技術者として自分が出来る領域を拡げ、自分自身の成長を楽しみたいと思います。
大和ハウスグループの企業理念は「事業を通じて人を育てること」です。 若い社員が最前線で働くことが出来るのは会社・上司・先輩のバックアップが あってこそ実現可能なことです。私も知識を身に付け、経験を積み、周りからの 信頼を得ることで、後輩を支えていくことのできる“人財”になりたいと思います。
イメージ

入社希望者へのメッセージ

工事部に限らず、どの部署でも若い社員が最前線で仕事をしています。
現場は教科書だけでは学ぶことができないことを経験させてくれます。 就職活動において、入社後に自分が成長できるかどうかという視点で会社を選んでみるのも良いかと思います。 皆さんと一緒に成長できる日を楽しみにしております。

新卒採用エントリー

エントリー・会社説明会の登録

リクナビ マイナビ ダイヤモンド就活ナビ

採用に関するお問合せ

メールでのお問合せ
お電話からのお問合せ
大阪:0120-49-8011

【担当】米谷(コメタニ)

東京:03-5214-2394

【担当】内藤(ナイトウ)

  1. 大和リーストップ
  2. 採用情報トップ
  3. 仕事と人を知る
  4. 技術 社員紹介