リース方式・デザインビルドなど

リース方式・デザインビルド
など

目的に応じた調達方法で、施設整備にご対応します。

目的に応じた調達方法で、施設整備にご対応します。

リース方式・デザインビルドとは

民間活力を導入して施設整備を行うには、初期投資を抑え費用を平準化するリース方式や、
設計から施工までを一貫で行うデザインビルドなどがあります。
目的に応じて調達方法を選択することで、より効果的・効率的な施設整備が行えます。

リース方式とは

民間が資金調達から公共施設の設計・建設、維持管理などの業務をトータルで行い、
そのサービス対価をリース料として受け取る契約の仕組みです。
初期投資を抑え費用を平準化することができます。

リース方式のポイント

  • 民間の資金とノウハウを有効活用できる。
  • 建物リース期間開始前には予算が不要。
  • 賃貸借契約による年度予算の低減と平準化が図れる。
  • 設計段階からの関与で、ライフサイクルコストの縮減が図れる。
  • 性能発注のため、コストダウンの可能性が高い。
  • シンプルな仕組みで、事務の効率化、事業開始のスピード化が図れる。
  • 補助金等の財政援助が受けられない。

デザインビルドとは

設計から施工までを一貫で行う手法です。
従来の設計施工分離発注とは異なり、設計・施工のトータルでのマネジメントが可能になるため、
理想の実現や工期の短縮、予算に応じた施設計画、適正価格の把握と管理など、より質の高い建物を建設することができます。

デザインビルドのポイント

  • 受注者の施工技術を最大限に生かせる。
  • 綿密なスケジュール管理による工期短縮が図れる。
  • トータルマネジメントによりコストの縮減・時間の削減が期待できる。
  • 理想を実現する施設計画が行える。
  • 発注者の業務を軽減することができる。
  • 受注者側へ設計に関わるリスクを移転できる。

調達方式による費用・工期の違い

  • リース方式

    リース方式
  • デザインビルド方式・・・・・設計施工一括発注

    デザインビルド方式
  • 従来方式(一般請負)・・・・・設計施工分離発注

    従来方式

リース方式・デザインビルドの実績

データ取得中...

    PPP・PFI の資料請求、ご相談はこちらから。

    PPPによる公共施設(大和リースの実績) 公式サイト