Park-PFI

Park-PFI

民間のノウハウを活かし、
都市公園の魅力づくりをサポートします。

民間のノウハウを活かし、都市公園の魅力づくりをサポートします。

Park-PFIとは

公募設置管理制度(Park-PFI)は、都市公園の魅力と利便性の向上を図るために、
公園の整備を行う民間の事業者を公募し選定する制度です。
都市公園に民間のノウハウを活用することで、カフェやショップなどの集客施設や、
保育所やデイサービスセンターなど、地域の人が集う施設が続々と生まれています。

Park-PFIのポイント

  • 民間事業者のノウハウを活かして飲食店や売店等の公園施設の設置又は管理ができる。
  • 都市公園内に保育所、高齢者福祉施設等の社会福祉施設を設置することができる。
  • 事業者が設置する施設から得られる収益を公園整備に還元することを条件に、特例措置が適用される。
    特例1:設置管理許可期間が10年から20年になり、長期にわたり事業を運営できる。
    特例2:通常、飲食店や売店等の便益施設の建蔽率2%が休養・運動施設などと合算して10%まで上乗せができる。
    特例3:認定公募設置等計画に基づく場合に限り、自転車駐車場、看板、広告塔などの設置ができる。

Park-PFIのメリット

Park-PFIなら、さまざまな問題を解決できます。

公園管理者のメリット

  • 民間資金を活用することで、公園整備、管理にかかる財政負担が軽減される
  • 民間の創意工夫も取り入れた整備、管理により、公園のサービスレベルが向上する

民間事業者のメリット

  • 都市公園内に飲食店や売店等の収益施設を設置できる
  • 収益施設の設置や設置期間の延長により、長期的視野での投資、経営ができる
  • 緑豊かな空間を活用して自らが設置する収益施設に合った広場等を一体的にデザイン、整備することで、収益の向上にもつながる質の高い空間を創出できる

公園利用者のメリット

  • 飲食施設の充実など利用者向けサービスが充実する
  • 老朽化し、質が低下した施設の更新が進むことで、公園の利便性、快適性、安全性が高まる

Park-PFI事業
スキーム イメージ

参考資料:国土交通省「都市公園の質の向上に向けた Park-PFI活用ガイドライン」

Park-PPP/Park-PFIの事業実績

  • 大阪城公園パークマネジメント

    • 所在地大阪府
  • 武生中央公園・日野川河川緑地

    • 所在地福井県
  • 泉南市営りんくう公園

    • 所在地大阪府
  • 花博記念公園鶴見緑地

    • 所在地大阪府

PPP・PFI の資料請求、ご相談はこちらから。

PPPによる公共施設(大和リースの実績) 公式サイト