PPPセミナー 公民連携Dチャンネル

PPPセミナー 公民連携Dチャンネル

全国一斉PPPセミナーを開催しています。

全国一斉PPPセミナーを開催しています。

公民連携Dチャンネルとは

公民連携Dチャンネル

大和リースは国土交通省と締結する「PPP協定」に基づき、
公民連携に関する有益な情報を発信するセミナー「公民連携Dチャンネル」を開催しています。
価値ある知見の提供と先進的なアイデアの発信、新たなつながりの場を提供し、行政課題の解決に貢献します。
皆さまのご参加をお待ちしております。

最新の開催

※内容については変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

メインテーマ 第24回 公民連携Dチャンネル エリア版
「未来につなぐ防災・減災」
参加方法 大和リースの事業所またはオンラインでの視聴  全国の事業所一覧はこちら
※事業所で視聴の場合、各会場毎に人数制限がございます。
 各エリアの詳細は、下欄のチラシよりご覧ください。
主催 大和リース株式会社
後援 国土交通省

東北・北海道

[開催日] 2024年7月30日(火) 13:20~15:30(開場13:00)

[テーマ] 防災・減災を実現する公共施設整備 

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
東北・北海道 講演1 【講演1】
13:30~14:15
公共施設整備における
実践的な防災・減災の備え
東北大学 災害科学国際研究所 教授丸谷 浩明 氏 プロフィール:東京大学経済学部卒。1983年建設省入省後、内閣府防災担当参事官、国土交通政策研究所政策研究官等を経て2013年より東北大学災害科学国際研究所教授(現職)。2020年~2023年に副研究所長。専門は、事業継続計画(BCP)、企業や公的組織の防災、防災政策。NPO法人事業継続推進機構理事長を兼務。
東北・北海道 講演2 【講演2】
14:20~14:50
双葉町庁舎の整備における事前準備や
その整備過程での経験
双葉町 総務課 管財係長 森山 和久 氏 プロフィール:2010年福島県双葉町役場入庁後、健康福祉課国保年金係、総務課財政係、住民生活課生活環境係。
2021年より総務課管財係長として管財業務を担当。
東北・北海道 講演3 【講演3】
14:50~15:20
防災・減災をふまえた
公共施設整備のプロセス
一般財団法人 宮城県建築住宅センター 理事長 三浦 俊德 氏 プロフィール:1982年に宮城県庁に入庁(建築技術職)、2019年に宮城県庁を定年退職。その間、小牛田町(当時)で2年、財団法人宮城県地域振興センターで3年勤務。東日本大震災以降は、住宅の復興を担当。
2019年から一般財団法人 宮城県建築住宅センター理事長。
【講演4】
15:20~15:35
大和リースのプロポーザルにおける
防災・減災事例のご紹介
大和リース株式会社 仙台支社 規格建築第一営業所 丹羽 佑樹 氏
東北・北海道チラシ画像
»チラシを見る
東北・北海道
参加申込み

北関東甲信

[開催日] 2024年7月29日(月) 13:30~16:30(開場13:00)

[テーマ] フェーズフリーを採り入れた公民連携

※身のまわりにあるモノやサービスを、日常時はもちろん、非常時にも役立つようにデザインしようという考え方(出展:日本フェーズフリー協会HP)

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
北関東甲信 講演1 【講演1】
13:40~14:50
フェーズフリーの考え方(仮) 一般社団法人 フェーズフリー協会 代表理事 佐藤 唯行 氏 プロフィール:社会起業家/フェーズフリーファウンダー。防災を持続可能なビジネスとして多角的に展開。その一つとしてフェーズフリーを発案し世界ではじめて提唱。その推進において根源的な役割を担う。フェーズフリー協会ほか複数団体の代表
著書:『フェーズフリー 「日常」を超えた価値を創るデザイン』(翔泳社)
北関東甲信 講演2 【講演2】
15:00~15:40
人口4500人のまち、公民連携で創るフェーズフリータウン
~小清水町防災拠点型複合庁舎「ワタシノ」の事例~
小清水町 産業課長 石丸 寛之 氏 プロフィール:北海道大学公共政策大学院修了(公共政策学修士)。北海道の東北部・小清水町役場に入庁後、企画・財政部門を17年間担当。アウトドアブランド「モンベル」、道内ドラッグストア「サツドラ」など国内ブランドを小清水町に誘致し、町の活性化を目指した公民連携の中心的役割を担う。2018年には地方創生拠点整備交付金を活用し、モンベルストアを併設したアウトドア拠点施設をオープン。北海道大学大学院研究員として、新公共経営・官民連携手法の研究・実践などをテーマに講演多数。
北関東甲信 講演3 【講演3】
15:40~16:20
道の駅「くるくるなると」と
フェーズフリーの導入について
鳴門市 企画総務部 戦略企画課長 吉川 慎太郎 氏 プロフィール:2007年度入庁。基本計画策定、用地取得、指定管理(候補)者の選定、設計業務、開駅準備、そして、開駅後の現在にいたるまで、道の駅「くるくる なると」の責任者として業務に従事。
担当となった当初は、暗中模索する中、400を超える道の駅の現地視察や民間対話を通して、様々な特徴を持った道の駅があることを学び、また、鳴門市が目指すべき道の駅の方向性にたどりつく。
北関東甲信チラシ画像
»チラシを見る
北関東甲信
参加申込み

首都圏

[開催日] 2024年7月22日(月) 13:30~16:20(開場13:00)

[テーマ] 学校施設における防災機能の強化

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
首都圏 講演1 【講演1】
13:30~14:00
公立学校体育館への空調整備(断熱対策)について 文部科学省 大臣官房文教施設企画・防災部 施設助成課 課長補佐 野口 公伸 氏 プロフィール:2004年文部科学省入省。文教施設企画・防災部各課で勤務した後、名古屋大学への出向を経て、令和4年度より現職。公立学校施設整備の国庫補助や実態調査業務などに従事。
首都圏 講演2 【講演2】
14:00~14:30
避難所となる学校施設の防災機能改善事例 一般社団法人 文教施設協会 事業・管理部長 繩手 雅史 氏 プロフィール:2001年一般社団法人文教施設協会に入職。
研究員、主任研究員、事業副部長の勤務を経て現職。
協会自主事業及び、各省庁・地方自治体からの受託事業(学校施設整備に係る調査研究、基本方針策定など)を担当。
首都圏 講演3 【講演3】
14:30~15:00
PPP手法による奈良輪小学校整備事業 袖ケ浦市 市民子育て部 子育て支援課
こども家庭センター 課長兼センター長 若月 義治 氏
プロフィール:1990年入庁。
都市建設部、福祉部、教育委員会等を経て、2024年より現職。
【講演4】
15:10~15:30
PPP手法で学校施設老朽化整備 大和リース株式会社 横浜支社 規格第一営業所 営業一課 課長代理 東 勇介 氏
首都圏チラシ画像
»チラシを見る
首都圏
参加申込み

中部・北陸

[開催日] 2024年7月26日(金) 13:10~15:55(開場12:40)

[テーマ] PPPを活用した災害への備え

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
【講演1】
13:20~14:00
能登半島地震を体験して 輪島市 ご担当者様
中部・北陸 講演2 【講演2】
14:00~14:40
PPPを活用した災害に備えるまちづくり 岐阜大学 社会システム経営学環 教授
ぎふPPP/PFI推進フォーラム 代表 髙木 朗義 氏
プロフィール:岐阜大学社会システム経営学環 教授。
ぎふPPP/PFI推進フォーラム 代表。
専門はまちづくり(土木計画学/政策評価、総合防災、都市地域計画、インフラ管理等)。「誰もが主体的に協働して、皆が幸せに暮らせる地域社会を創る」を目標に、外部(不)経済効果を社会経済システムへ内部化する研究を行っている。『世界一受けたい授業』や『ニノさん』等メディアにも多数出演。
中部・北陸 講演3 【講演3】
14:50~15:30
宮崎県における大規模災害対策の現状と
災害支援物資拠点施設の整備
宮崎県 総務部 危機管理局 危機管理課 主査 池野 拓也 氏 プロフィール:平成22年度入庁。令和4年度より現職。災害支援物資拠点施設整備のほか、県総合防災訓練や受援体制などを担当。
【講演4】
15:30~15:50
玉野市消防署再編整備事業について 大和リース株式会社 規格建築第一営業所 主任 松下 誉志大 氏
中部・北陸チラシ画像
»チラシを見る
中部・北陸
参加申込み

近畿

[開催日] 2024年7月25日(木) 13:20~15:40(開場13:00)

[テーマ] 公民連携で考える地域の防災拠点

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
近畿 講演1 【講演1】
13:30~14:15
~阪神淡路大震災の教訓~
災害ボランティア視点の防災・減災
全国災害ボランティア支援機構 代表理事 高橋 守雄 氏 プロフィール:1967年兵庫県警察本部採用。1982年兵庫県知事部局へ出向。阪神・淡路大震災時には、災害対策本部報道担当として活躍。東日本大震災の発生直後から、ひょうごボランタリープラザ内に「災害救援ボランティアセンター」を立ち上げ、全国各地の自然災害において被災地を支援。2022年4月より現職。
近畿 講演2 【講演2】
14:25~15:00
〈 取組事例紹介 〉大間町役場新庁舎整備事業
防災拠点として安心・安全な庁舎
大間町 総務課 課長補佐 山本 竜太 氏 プロフィール:1994年大間町役場入庁。教育委員会社会教育課、総務課、産業振興課等を経て、2020年4月より現職。
近畿 講演3 【講演3】
15:00~15:35
〈 取組事例紹介 〉玉野市消防署所再編整備事業
地域の防災・減災のための消防署所再編整備
玉野市 健康福祉部こどもみらい課 課長 津田 岳史 氏 プロフィール:1998年玉野市役所入庁。総合政策部、総務部、産業振興部、政策財政部等を経て、2024年4月より現職。
近畿チラシ画像
»チラシを見る
近畿
参加申込み

中国・四国

[開催日] 2024年7月23日(火) 13:30~15:50(開場13:00)

[テーマ] 施設整備による災害への備え

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
中国・四国 講演1 【講演1】
13:35~14:10
災害の時代今求められるもの
~能登半島地震と愛媛県の防災教育を例に~
愛媛大学大学院 レジリエンス学環 准教授 芝 大輔 氏 プロフィール:1997年、松山市消防局入局。
同局と市役所で計17年間、防災事務や学校での防災授業を担当。
2018年の西日本豪雨では、市消防本部で救助を指示した。
2004年新潟中越沖地震、2011年東日本大震災、2016年熊本地震などで被災地を調査。
愛媛大学で現在、防災教育と地域防災を研究する。
中国・四国 講演2 【講演2】
14:10~14:45
宇和島市の防災対策について
~南海トラフ巨大地震に備えて~
宇和島市 企画政策部 危機管理課(災害対策本部・災害復興本部) 課長 赤松 芳和 氏 プロフィール:宇和島市に未曽有の被害をもたらせた平成30年7月豪雨災害(2018年)の翌年、危機管理課に配属。
豪雨災害時は、建設課管理係長として、河川・道路などの公共土木施設復旧に携わるほか、市災害復興本部の一員(兼務辞令)として災害復興体制の推進に尽力。
頻発化・激甚化している豪雨災害や必ずやってくる南海トラフ巨大地震の対策に「何苦楚日々新也」の精神で取り組む。
令和6年4月より現職。
中国・四国 講演3 【講演3】
14:55~15:30
災害発生! そのとき自治体職員に何が起こる!?
~防災拠点施設整備事例~
倉敷市 企画財政部 企画経営室 課長主幹 大橋 俊文 氏 プロフィール:平成27年に企画経営室に配属。主に行財政改革、民活の業務を担当。
平成31年より「倉敷市山陽ハイツ」利活用事業では検討段階から参画し、施設廃止の決定を経て、約11ヘクタールの敷地に学校給食共同調理場、防災備蓄倉庫、公園など、複合施設を整備すべく事業構想・事業者募集に携る。
【講演4】
15:30~15:45
宮崎県 災害支援物資拠点施設整備事業について 大和リース株式会社 広島支店 規格建築第一営業所 営業所長 杉山 裕之 氏
中国・四国チラシ画像
»チラシを見る
中国・四国
参加申込み

九州・沖縄

[開催日] 2024年7月24日(水) 13:20~16:00(開場13:00)

[テーマ] 過去の災害から学ぶ教訓と公民連携の実例

セミナー内容 チラシPDF 申込はこちら
九州・沖縄 講演1 【講演1】
13:30~14:10
建設型仮設住宅の供給迅速化に関する取り組み
−能登半島地震での実践から−
熊本大学大学院 先端科学研究部 教授 大西 康伸 氏 プロフィール: 1995年京都工芸繊維大学造形工学科卒業、1997年同大学大学院博士前期課程修了。
組織設計事務所、アトリエ設計事務所を経て、2004年同大学大学院博士後期課程修了、博士(学術)。
2004年熊本大学工学部助手、2013年熊本大学大学院准教授、2023年熊本大学大学院教授。
専門は建築分野におけるコンピュータ支援、コンピュテーショナル・デザイン。
建築設計や施工、維持管理におけるアナログとデジタル、リアルとヴァーチャルを横断する最先端技術の利活用や、 コンピュータを使った最先端の建築デザインおよびそのための新しい設計理論の構築。
2013年日本建築学会奨励賞、主な著書に「建築のデザイン科学」(共著、京都大学学術出版会、2012年)、「BIMのかたち」(共著、彰国社、2019年)。
九州・沖縄 講演2 【講演2】
14:10~14:50
熊本地震と令和2年7月豪雨から学ぶ熊本県の防災・減災
~新たな熊本県防災センターの建設経緯と活用〜
熊本県 知事公室 危機管理防災課 危機管理防災特別顧問 三家本 勝志 氏 〇陸上自衛隊OB (最終階級:1等陸佐)
 昭和54年(1979年)陸上自衛隊少年工科学校入学、平成31(2019)年3月退職
<主要経歴>
施設大隊長(山形県)、師団司令部部長(北海道)、防衛省陸上幕僚監部器材班長(東京)、補給統制本部補給計画課長(東京)
<災害派遣・業務歴>
阪神淡路大震災(1995年)、中越地震(2004年)、中越沖地震(2007年)、岩手・宮城内陸地震(2008年)、東日本大震災(2011年)、御嶽山噴火(2014年)、関東地方豪雨(2015年)
<海外勤務>
カンボジア(PKO)、ドイツ、アメリカ、韓国、オーストリア

〇平成31年4月1日より熊本県危機管理防災企画監
<災害対応>
・令和2年7月豪雨
・豪雨対応訓練、県総合防災訓練の企画・統括
九州・沖縄 講演3 【講演3】
15:00~15:40
宮崎県における大規模災害対策の現状と災害支援物資拠点施設の整備 宮崎県 総務部 危機管理局 危機管理課 主幹 中邨 勇一 氏 平成16年度入庁。令和5年度より現職。
南海トラフ地震被害想定の見直しや災害支援物資拠点 施設整備など大規模災害に係る企画・立案に関する担当のリーダーとして業務に従事。
【講演4】
15:40~15:55
大和リースの事例紹介 大和リース株式会社 福岡支社 規格建築第一営業所 防災士 下田 啓太 氏
九州・沖縄チラシ画像
»チラシを見る
九州・沖縄
参加申込み

終了したセミナー

第23回 2023年8月22日(火)~023年9月4日(月)
公民連携Dチャンネル エリア版「事例で学ぶ公共施設の複合化」

東北・北海道 8月22日(火)   「公民連携による複合化施設整備」  »詳細

北関東甲信  8月24日(木)   「自治体担当者の声から公民連携による施設整備を学ぶ」  »詳細

首都圏    8月23日(水)  「PPPで課題解決!複合化で新たな価値創造を」  »詳細

中部・北陸  8月29日(火)  「複合化施設整備事業のポイント」  »詳細

近畿     8月30日(水)   「公民連携で賑わいをつくりだす」  »詳細

中国・四国  8月31日(木)  「複合施設が地域に生み出す三方良し」  »詳細

九州・沖縄    9月4日(月)  「施設計画とスキームで事業化を推進」  »詳細

第22回 2023年1月18(水)~1月31日(火)
公民連携Dチャンネル エリア版「事例で学ぶ公有地活用」

東北・北海道 1月31日(火)  「事例で学ぶ公有地活用」  »詳細

北関東甲信  1月25日(水)  「公共と民間の連携で生まれる新たな街づくりの可能性」  »詳細

首都圏    1月27日(金)  「公共施設、商業施設、公園の複合で拡がる可能性」  »詳細

中部・北陸  1月24日(火)  「事例で学ぶ公有地活用」  »詳細

近畿     1月20日(金)  「公園、公共施設、商業施設の複合で拡がる可能性」  »詳細

中国・四国  1月19日(木)  「身近なまちのPPP」  »詳細

九州・沖縄  1月18日(水)  「事業化のための課題とコツ」  »詳細

第21回 2022年10月18日(火)
「実践! 地域活性化」~地域とともに公民連携を進化しよう~

「地域活性化センターの取組み」
一般財団法人 地域活性化センター 理事長 椎川 忍 氏

「地域の力が未来を創る」
一般財団法人 地域活性化センター シニアフェロー
食環境ジャーナリスト 金丸 弘美 氏

「たなべ未来創造塾を核とした地方創生へ」
和歌山県 田辺市 たなべ営業室 価値創造係長 鍋屋 安則 氏

「課題解決先進県を目指す高知県の産業人財育成」
高知県 産業振興推進部 産学官民連携課長 片岡 千保 氏

»詳細

第20回 2022年8月23(火)~9月2日(金)
公民連携Dチャンネル エリア版「公民連携ですすめる防災施設整備」

東北・北海道 8月29日(月)  「公民連携ですすめる防災施設整備」  »詳細

北関東    8月30日(火)  「防災・減災を推進する課題解決の糸口」  »詳細

首都圏    8月23日(火)  「庁舎・学校・公園 PPPの事例」  »詳細

中部・北陸  8月30日(火)  「PPP/PFI で防災拠点施設の見直しを」  »詳細

近畿     9月2日(金)  「PPP/PFIで防災拠点となる公共施設を考える」  »詳細

中国・四国  8月25日(木)  「地域を守る『防災道の駅』」  »詳細

九州・沖縄  9月2日(金)  「新しい庁舎、消防署、学校のあり方」  »詳細

第19回 2021年7月1日(木)~7月14日(水)
公民連携Dチャンネル エリア版

東北・北海道 7月9日(金)  「PPPによる公共施設整備~スピーディーに進めるPPP~」  »詳細

首都圏    7月7日(水)  「やってわかったPPP実務者のホンネ」  »詳細

北関東    7月6日(火)  「事例で学ぶ公民連携~公民連携で進めるFMとリース方式の採用による施設整備~」  »詳細

中部     7月12日(月)  「聞いてみよう経験者の知識とノウハウ~PPPの進め方について~」  »詳細

北陸     7月14日(水)   「経験から学んだ『やって良かったPPP』~何から始める? どう進める? 何が良かった?~」  »詳細

近畿     7月13日(火)  「公共施設マネジメントの進め方~実践から教わる公共施設マネジメント~」  »詳細

中国・四国  7月1日(木)  「身近なまちの公民連携~公民連携で頑張る地方自治体の体験談~」  »詳細

九州・沖縄  7月2日(金)  「Q&Aで学ぶPPP・PFIの進め方」  »詳細

第18回 2021年1月26日(火)~1月29日(金)
公民連携Dチャンネル エリア版

東北・北海道 1月28日(木)  「PPP事業化に向けて~初めての公民連携手法~」  »詳細

首都圏    1月27日(水)  「PPPによる公共施設の老朽化対策~コロナ禍の財源不足を突破しよう~」  »詳細

北関東    1月27日(水)  「民間を有効活用するには~提案制度導入と性能発注のメリット~」  »詳細

中部・北陸  1月26日(火)  「PPPによる公共施設整備を学ぼう~わかりやすく・どうやって進めるか~」  »詳細

近畿     1月26日(火)  「PPPによる将来を見据えた整備計画~官民で再編と適正配置を考える~」  »詳細

中国・四国  1月29日(金)  「身近なまちの公民連携~公民連携で頑張る地方自治体の体験談~」  »詳細

九州・沖縄  1月29日(金)  「Q&Aで学ぶPPP・PFIの進め方~自治体実務担当者向けセミナー~」  »詳細

第17回 2020年11月18日(水)
「Withコロナの公民連携とは何か」

「コロナと共生する公民連携の在り方」
東洋大学 客員教授 美原 融 氏

「ポストコロナ社会と公共施設マネジメント」
東洋大学 客員教授 南 学 氏

トークセッション「これからの公民連携」/ 視聴者参加Q&A
■パネラー
・東洋大学 客員教授 美原 融 氏
・東洋大学 客員教授 南 学 氏
■モデレーター
・大和リース 立花 弘治(国土交通省PPPサポーター)

第16回 2020年1月17日(金)
「公民で創る健康人生100年、その大きな意味」~成果の出る健康・医療施策は、異分野との融合から~

「境界なき時代のゲームチェンジ 健康・医療分野の衝撃」
日経BP総研 戦略企画部長/ソリューション・アーキテクト  高橋 博樹 氏

「今求められる、『健康』を超えた価値の提供とは?」
日経BP総研 上席研究員/Beyond Health 編集長  小谷 卓也 氏

「市民の健康を守り、増進させる『公』と『民』の連携最前線」
日経BP総研 戦略企画部 プロデューサー/新・公民連携最前線 編集長  黒田 隆明 氏

パネルディスカッション「自治体はいかに健康・医療に取り組むべきか?」
■モデレーター
・日経BP総研 戦略企画部長/ソリューション・アーキテクト  高橋 博樹 氏
■パネリスト
・日経BP総研 戦略企画部 プロデューサー/新・公民連携最前線 編集長  黒田 隆明 氏
・日経BP総研 上席研究員/Beyond Health 編集長  小谷 卓也 氏

第15回 2019年11月29日(金)
「地域の編集力を高めよう」~地域の魅力を発見し、磨き、発信する~

講演 生駒市いこまの魅力創造課 課長補佐  大垣 弥生 氏

講演 りそな総合研究所 リーナルビジネス部長  藤原 明 氏

講演 リベルタ学舎代表・兵庫県広報官  湯川 カナ 氏

パネルディスカッション「地域を元気にする編集力の高め方」
■ファシリテーター
・りそな総合研究所 リーナルビジネス部長  藤原 明 氏
■パネリスト
・生駒市いこまの魅力創造課 課長補佐  大垣 弥生 氏 ・リベルタ学舎代表・兵庫県広報官  湯川 カナ 氏

第14回 2019年10月3日(木)
「地方で仕掛けるにぎわいづくり」~人が集まり笑顔があふれる街にしよう~

「岡崎市魅力あるまちづくり戦略」
岡崎市総合政策部長・国土交通省PPPサポーター  永田 優 氏

「いなべ市にぎわいの森仕掛人」
石黒靖敏コンサルティングアソシエイツ事務所代表  石黒 靖敏 氏

「道の駅パレットピアおおの」全国自治体・行政視察ランキング1位(2018年度新規スタート編)
大野町 産業建設部観光企業誘致課長兼道の駅推進室長  森 祐次 氏

トークセッション「地方で仕掛けるにぎわいづくり」
■コーディネーター
・愛知県岡崎市  永田 優 氏
■パネリスト
・石黒靖敏コンサルティングアソシエイツ事務所代表  石黒 靖敏 氏 ・岐阜県揖斐郡大野町  森 祐次 氏 ・株式会社日本経済研究所  吉田 育代 氏

第13回 2019年8月22日(木)
「公民連携による地域再生の方法」 ~みんなで課題解決していくしくみをつくる~

「パブリックスペースを活かした地域再生の試み」~水都大阪のクリエイティブなまちづくり~
忽那 裕樹 氏
E-DESIGN代表
特定非営利活動法人パブリックスタイル研究所 理事長
国土交通省ミズベリング・プロジェクト諮問委員
大阪市立大学客員教授

ディスカッション「取り組み紹介・地域再生の方法」
■コーディネーター
・E-DESIGN 代表  忽那 裕樹 氏
■パネリスト
「公民連携の新たなプロセス」
(有)ハートビートプラン 代表  泉 英明 氏
「都市とアート:おおさかカンヴァス事業を軸に」
甲南女子大学 メディア表現学科 准教授  寺浦 薫 氏
「木津川遊歩空間整備事業について」
大阪府 住宅まちづくり部 理事  下村 良希 氏
「まちなかを再生する官民連携のチャレンジを応援するたための国の取組」
国土交通省 都市局まちづくり推進課 専門調査官  寺内 雅晃 氏

第12回 2019年7月24日(水)
「公民連携のつくりかた」 ~地方の自治体が0から創るPPPのリアルと実践例~

「公共R不動産のプロジェクトスタディ」
公共R不動産  菊地 マリエ 氏

「Do(実践)から始めるFM/PPP」
茨城県 常総市  堀井 喜良 氏

「できることから始めよう津山市流FM/PPPの実践」
岡山県 津山市  川口 義洋 氏

ポイント整理・まとめ
日本PFI・PPP協会  寺沢 弘樹 氏

ディスカッション「リアルと実践例」
■コーディネーター
・公共R不動産  菊地マリエ 氏
■パネリスト
・日本PFI・PPP協会  寺沢 弘樹 氏
・茨城県常総市 総務部 資産管理課 施設マネジメント係  堀井 喜良 氏
・岡山県津山市 財政部 財産活用課 FM推進係  川口 義洋 氏

第11回 2019年1月24日(木)
「民間の「チエ・モノ・カネ」をどう引き出すか」 ~財政難を解消する公民連携~

「最適手法への意思決定」
茅ヶ崎市 副市長  山﨑 正美 氏

「事業選択と財源確保」
厚木市 こども未来部 部長  小瀬村 寿美子 氏

■コーディネーター
パブリックマネジメント株式会社 札幌事務所 所長  吉田 博 氏

トークセッション『民間の「チエ・モノ・カネ」をどう引き出すか』
■パネリスト
・茅ヶ崎市 副市長  山﨑 正美 氏
・厚木市 こども未来部 部長  小瀬村 寿美子 氏
■モデレーター
・パブリックマネジメント株式会社  吉田 博 氏

第10回 2018年11月22日(木)
「PFIの実務担当者の心得・ノウハウ」 ~経験者から聞こう・学ぼう・実践しよう~

「官民連携の正体」
財務省 北陸財務局 管財部 管財総括第一課
国有財産管理官  高溝 直樹 氏

「東大阪市 新旭町庁舎整備事業」
東大阪市 財務部 管財室
主査 小木曽 幸一 氏
主任 上村 文人 氏

「堺市 大浜体育館建替整備運営事業」
堺市 文化観光局 スポーツ部 スポーツ施設課
施設係長 髙瀬 篤久 氏
鈴木 健太 氏

トークセッション「PFI経験者が語るキーポイント」
■パネリスト
・財務省 北陸財務局 管財部 管財総括第一課  国有財産管理官 高溝 直樹 氏
・東大阪市 財務部 管財室  主査 小木曽 幸一 氏
・東大阪市 財務部 管財室  主任 上村 文人 氏
・堺市 文化観光局スポーツ部 スポーツ施設課  施設係長 髙瀬 篤久 氏
・堺市 文化観光局スポーツ部 スポーツ施設課  鈴木 健太 氏

第9回 2018年8月22日(水)
「まちのチカラ」 ~魅力を見つけ、伝えよう~

「地方創生について」
東京都市大学 特別教授 涌井 史郎 氏

「ONSEN・ガストロノミー」
株式会社ANA総合研究所 取締役会長 小川 正人 氏

パネルディスカッション 「まちのチカラ」
■パネリスト
・株式会社ANA総合研究所 取締役会長 小川 正人 氏
・キリン株式会社 執行役員CSV戦略部長 野村 隆治 氏
・森ビル株式会社 タウンマネジメント事業部運営部 部長 山本 栄三 氏
■モデレーター
・日経BP社 日経BP総研 戦略企画部長 高橋 博樹 氏

第8回 2018年5月21日(月)
「はじめよう 公民連携の第一歩」 ~先駆者・経験者に聞こう~

パネルディスカッション 参加各自治体の取り組み

パネルディスカッション 取り組もうとしている自治体からの質問

パネルディスカッション 事前アンケートによるテーマの討論

■パネリスト
・特定非営利法人 日本PFI・PPP協会 業務部長   寺沢 弘樹 氏
・紫波町 企画総務部 企画課 
企画主幹(兼 地域開発室長)   鎌田 千市 氏
・東村山市 経営政策部 資産マネジメント課 
課長補佐 兼 公民連携担当主査   杉山 健一 氏
・行橋市 総務部秘書室 室長   鶴 裕之 氏
・高砂市 企画総務部経営企画室係長 兼 
公共施設等総合管理計画担当   石本 玲子 氏
・高槻市 総合戦略部 政策経営室 
アセットマネジメントチーム 主幹   小川 公子 氏

第7回 2018年3月29日(木)
「まちの拠点をつくりだそう」 ~PPPに取り組む先進自治体から学ぶ~

「公民連携による中心市街地の小学校跡地活用と学校建設」
~コンパクトシティ戦略による富山型都市経営の構築~
富山市 企画管理部 企画調整課 課長代理  岸 聡之 氏

「岡崎市におけるPPP/PFIの取り組み」
岡崎市 総合政策部 次長  永田 優 氏

「意欲的な地方公共団体における公有地活用の決め手:LABV」
東京都市大学 都市生活学部 教授   宮本 和明 氏
(前)内閣府民間資金等活用推進委員会委員長代理及び計画部会長

第6回 2018年1月25日(木)
くらしを守る市役所をつくろう ~まったなしの安心・安全~

「PPP/PFIを推進する背景と内閣府の支援事業」
内閣府 民間資金等活用事業推進室 企画官  濱田 禎 氏

「地方公共団体における業務継続等について」
総務省消防庁国民保護・防災部防災課 震災対策専門官(併)課長補佐
隂山 暁介 氏

「市庁舎整備をリース方式で」 ~将来を見据えたシンプルな庁舎~
高浜市 総務部 行政グループ グループリーダー  山本 時雄 氏

「庁舎整備の進め」 ~整備手法と事例から学ぶ~
株式会社三井住友トラスト基礎研究所 投資調査第1部 主席研究員
福島 隆則 氏

第5回 2017年11月30日(木)
公園へ行こう ~公共空間に価値を持たせるには~

「元気で美しいまちづくりのために公園が出来ること」
国土交通省 都市局 公園緑地・景観課 課長  町田 誠 氏

「産学官連携による公園の付加価値創造」  ~藤枝・蓮華寺池公園リニューアル・プロジェクト~
藤枝市 企画創生部 企画政策課 主幹  渡邊 章博 氏

「公園を使おう」  ~大阪市内の公園を核とした地域の活性化事例~
一般社団法人 セレッソ大阪スポーツクラブ  堤 道明 氏

第4回 2017年10月26日(木)
公共施設の活きる道 ~再配置計画と活気あるまちづくり~

「内閣府からのPPP理解促進ツールのご紹介」
内閣府 民間資金等活用事業推進室 企画官  濱田 禎 氏

「地域力で進める公共施設再配置」 ~財源確保とPPP推進の両立に向けて~
東洋大学客員教授  南 学 氏

「包括施設管理業務委託とPPP運用ガイド」 ~教科書型行政の限界・生きる手段としてのPPP/PFI~
特定非営利活動法人日本PFI・PPP協会業務部長 寺沢 弘樹 氏

第3回 2017年8月31日(木)
地域の魅力再発見 ~賑わい創出と公民連携~

『人口成熟時代に勇気を持って進む』 ~100年後にも残る地域、消える地域、選ぶのはあなたたち~
株式会社日本総合研究所 主席研究員 藻谷 浩介 氏

『公民連携による公有地活用オガールプロジェクト』 ~民間主導によるまちづくり~
紫波町企画総務部企画課 公民連携室長  鎌田 千市 氏

第2回 2017年7月5日(水)
進化・多様化する公民連携 ~民とつくる公的施設の新しいカタチ~

『公的不動産における官民連携の推進』
国土交通省土地・建設産業局 不動産市場整備課 課長 大澤 一夫氏

『官民連携による廃校跡地の民間活用した取組』
~地方都市におけるサウンディング型市場調査を通じた民活事例~

前橋市 財務部 資産経営課副主幹 坂部 英昭氏

『駅前公有地を活用した公民連携によるパークアンドライド立体駐車場整備の取組みについて』~事業者決定後の付加価値提案による事業の進化~
前橋市 政策部 交通政策課 地域交通推進室副主幹 岩渕 直人氏

第1回 2017年6月2日(金)
これから求められるPPPの進め方 〜もっとよくなる公共サービス〜

『今 必要とされるPPP』 ~PPP推進に向けての課題と取組み~
国土交通省総合政策局官民連携政策課 課長 小笠原 憲一氏

『事例から見るPPP』
特定非営利活動法人日本PFI・PPP協会 会長兼理事長 植田 和男氏

『西尾市が新たなまちづくりの出発点として進める公共施設再配置』
西尾市資産経営戦略局資産経営戦略課主幹 鈴木 貴之氏

「新・公民連携最前線」PPPまちづくり

PPPによる公共施設(大和リースの実績) 公式サイト