駐車場 床形式と種類

駐車場 床形式と種類

駐車場の床形式と種類について。
大和リースは要望に応じてベストなプランをご提案します。

駐車場の床形式と種類について。大和リースは要望に応じてベストなプランをご提案します。

駐車場の床形式

自走式立体駐車場には3タイプの床の形状があります。

フラット式

駐車場と各フロアが連結された形式です。フロア全体が見渡せるため、階数の把握や、駐車位置の確認がしやすい形式です。また駐車スペースが平坦であるため、幼児・高齢者の歩行、車椅子やショッピングカートの利用の際にも、安全にご利用いただけます。

  • 必要最低土地面積 28m×42.5m(1,190㎡)
  • 基準階駐車台数 21台
  • スロープ勾配 17%以下

スキップ式

駐車場の床を半階ずつずらし、車路(スロープ)で連結した形式です。敷地に高低差がある場合や、狭い敷地などに有効です。

  • 必要最低土地面積 25m×34.9m(872.5㎡)
  • 基準階駐車台数 6台
  • スロープ勾配 17%以下

連続傾床式

駐車場の床全体を緩やかな4%以下の勾配により傾斜させ、駐車スペースと車路(スロープ)を兼ねる形式です。フラット式、スキップ式と比べ駐車効率がよく駐車台数を確保しやすい形式です。

  • 必要最低土地面積 25m×36.7m(917.5㎡)
  • 基準階駐車台数 20台
  • スロープ勾配 4%以下

駐車場の種類

大和リースではお客さまの要望・土地の形状などに合わせ、さまざまな駐車場の建設をご提案します。

国土交通大臣 認定

認定型(防耐火認定)

構造・防災計画をあらかじめ行い、(財)日本建築センターの性能評価をもって、国土交通大臣の認定を受けた駐車場商品。

個別認定型

防耐火認定では対応できない形状や用途の駐車場。個別に認定を取得します。

  • 面積拡大タイプ 1フロアあたりの床面積が4,000㎡を超える自走式立体駐車場。
  • 施設併用タイプ 物販店舗、飲食店、倉庫などを1・2階に設け、上階を自走式立体駐車場にしたもの。

簡易型(国土交通大臣 通知)

1層2段もしくは2層3段の駐車場で認定型では対応できない面積や階高の駐車場。

在来型(一般建築)

認定型や個別認定型では対応できない、変則的な土地や、1,000台以上の大型駐車場に適しています。

駐車場関連の資料請求、ご相談はこちらから。