立体駐車場のデザインを紹介。デザインの選び方や考慮すべき点を解説

2021.12.15

立体駐車場にはさまざまなデザインがあり、向いている立地などが違います。しかし、具体的にどのような点について配慮すればいいのかわからないこともあるでしょう。今回は、立体駐車場のデザインの選び方を解説します。環境への配慮や防災など、車を停める以外の要素も確認してみましょう。

■立体駐車場の基本形式の立地

駐車場 デザイン

立体駐車場には3種類の基本形式(フラット式・連続傾床式・スキップ式)があります。以下でそれぞれの向いている立地について詳しく見ていきましょう。

●フラット式が適した立地

フラット式は、各フロアの駐車場をスロープでつないだタイプです。フロアが平坦で駐車しやすいメリットがあります。対して、デメリットは車の収容台数が少なくなる点が挙げられます。
フラット式に向いているのは、広い成形地であることや、大規模施設を計画しているような土地です。

フラット式駐車場は、さまざまな人が利用する公共施設の付属施設の場合や、病院、ショッピングセンターの駐車場等に適しており、幼児・高齢者・車椅子を利用される方に優しい駐車場となります。

●連続傾床式が適した立地

連続傾床式は床全体が傾斜しています。駐車エリアがスロープに面しているため、無駄がなく多くの車を停めることが可能です。連続傾床式が向いている立地について、以下で見ていきましょう。

•時間貸し用で、狭い土地の場合でも出来るだけ多くの車を停めたい場合は最適。
•特定の人が利用する場合にもよく採用されます。
•狭小地の場合に適しています。

駐車エリアに傾斜があるため、やや駐車に注意が必要となります。また、スロープを上りながら空き車室を探し駐車する為、駐車に時間がかかり混雑する駐車場の場合は慌ててしまうドライバーがいます。会社や工場などの従業員用等の用途で、利用者が限定される駐車場等に向いています。

●スキップ式が適した立地

スキップ式は、フラット式と連続傾床式の中間といえる形式です。各フロアの間に中間階があり、駐車エリアがあります。スキップ式に向いている立地は、狭い土地に多くの車を収容したい場合やスロープが短いため初心者ドライバーなど運転に不慣れな人でも安全に利用していただけます。

スキップ式は、土地の広さや利用者の属性に関わらず広く活用できる形式です。

■立体駐車場の次世代型デザイン

駐車場 デザイン環境問題に配慮した次世代型デザインの立体駐車場が多く見られるようになりました。車を停めるだけでなく、緑化や太陽光などと組み合わせてデザインすることで、新たな魅力につながります。ここでは、さまざまな工夫を凝らしたデザインを見ていきましょう。

●壁面緑化された立体駐車場

立体駐車場の壁面を緑で覆う「壁面緑化」は、地球温暖化やヒートアイランド現象に配慮した次世代デザインです。壁面緑化には空気の浄化・壁面の劣化防止・照り返しの緩和などの効果があります。自然環境に配慮している立体駐車場は、建物としてのイメージアップや、周辺環境との調和がしやすく、利用者の増加につなげることが可能でしょう。

●太陽光発電のある立体駐車場

立体駐車場の壁面や屋上には、太陽光パネルを設置できます。太陽光発電で駐車場内の消費電力を大幅に削減できます。ランニングコストの減少と環境に配慮したデザインとなるため、建物としてブランド力の向上も図れるでしょう。

自走式立体駐車場の資料請求はこちらより>

■立体駐車場の価値を高める工夫

駐車場 デザイン
立体駐車場は、車を停める以外にも意味があります。広い土地に大きな立体駐車場を建設することで、地域貢献にもつながります。立体駐車場の価値を高める工夫について見ていきましょう。

●防災向け備蓄庫のある立体駐車場

立体駐車場は頑丈な建物で高さがあるため、災害時の避難場所になり得る場所です。立体駐車場内に備蓄庫を設置すると、防災備蓄品の保管もできます。

また、備蓄庫だけでなく、避難場所としての価値を高められる「屋上公園」を検討してみましょう。いざという時の避難場所として、屋上にある公園が活躍します。水害等の防災時に役立つ立体駐車場があると、周辺地域への貢献が可能になるでしょう。

●カーシェアリングのある立体駐車場

立体駐車場は多くの車を収容できる反面、利用者が少なく空きが出るケースも想定できます。その場合は、登録者が短期間で車を自由に使用できるカーシェアリングを検討してみましょう。

カーシェアリングがあると収益のアップにつながります。また、立体駐車場の利便性もアップし、利用者を増やすことも可能です。

■デザインを決める際のポイント

駐車場  デザイン

ここでは、立体駐車場のデザインを決める際に押さえておきたいポイントを見ていきましょう。デザインを決めかねている場合はひとつひとつ条件を見ていき、最適な立体駐車場をデザインすることが大切です。

●立体駐車場の規模

立体駐車場はフラット式・連続傾床式・スキップ式があり、それぞれ土地の広さと収容できる車の台数に差があります。立体駐車場をデザインする場合は、「車を何台収容したいか?」をテーマに決めましょう。大きすぎるとコストがかかり、小さすぎると車を停められない利用者が増えます。最適な駐車台数を決定することが大切です。

●導入する施設のニーズ

立体駐車場を導入する施設や利用者の属性を考えて、ニーズを汲み取ることが大切です。例えば、普段車に乗らない人も利用する商業施設と毎日車で通勤してくる従業員向けとでは、当然ながらデザインは変わります。

●防災対策に配慮

立体駐車場をデザインする際、防災に配慮しているかどうかにも注目しましょう。立体駐車場は丈夫な建物のため、地震・津波・台風などの災害時に、避難場所として活用されます。そのため、備蓄品を収納できる倉庫を設置するなど、防災対策への配慮も大切です。

まとめ

立体駐車場にはさまざまなデザインがあります。収容台数が大きく変わるため、用途に応じて決めることが大切です。また、立体駐車場は車を停めるだけでなく、環境への配慮や防災など、地域貢献においても重要です。利用しやすさや収益性など、もっとも重要視したいテーマを決め、利用者が使いやすい立体駐車場をデザインしましょう。

自走式立体駐車場の資料請求はこちらより>




自走式立体駐車場関連の資料請求、ご相談はこちらから。