CSRマネジメントの基本方針

CSRマネジメントの基本方針

 大和ハウスグループは、サステナブルな社会の実現と、グループ会社の企業価値向上を実現するためにCSR経営が必要であると考えています。
 CSR経営を行うために、大和ハウスグループのCSR指針に基づき、事業を通じたESGを強化するとともに、社会(ステークホルダー)との対話により要請や期待に応えるCSRマネジメントを構築していきます。

大和ハウスグループCSR指針

 大和ハウスグループでは、事業を通じて社会に貢献し、ステークホルダーと誠実に向き合い、企業市民として社会の要請に応え続けていくために、「事業を通じた社会貢献」「ステークホルダーとの共創共生」「グループ従業員一人ひとりの行動規範」の3つの観点をふまえた『大和ハウスグループCSR指針』を制定しています。

大和ハウスグループCSR指針

  • 1.独自技術・ノウハウにより事業を通じて社会に貢献する
  • 2.ステークホルダーとの関わりや対話を通じて当社に対する要請を理解し、企業市民としてそれに応えるよう努める
  • 3.企業倫理・人権・コンプライアンスの確立に努める

大和リースのCSR方針・推進体制

 当社のCSRに関する方針の策定、実施事項の立案、予算計上、各部門との調整機能は、本社総務部が担っており、そのなかで重要な事項は取締役会で決定しています。
 2005年6月より「CSR推進委員会」を発足させ、各事業所にCSR推進委員を1名選出し、委員が中心となって事業活動におけるCSRの基礎知識や企業倫理・コンプライアンスの周知徹底を図っています。

CSRマネジメント体制の全体図

CSR方針・推進体制

<過去のCSR推進委員会方針>

  • 2020年度
     人権・品質・環境の諸問題をSDGs対応で解決し、 企業価値の向上を図ろう
  • 2019年度
     経済・環境・社会の新しい価値創造に向けて包摂的に取り組み、品格あるグレートカンパニーとして成長しよう
  • 2018年度
     多様性を正しく理解し、ステークホルダーに対して公正・公平な対応を実践しよう

CSR自己評価指標の6つの視点

当社では、CSR自己評価指標を用いて6つの視点に立ち、CSR活動の成果を測定し、「見える化」を図ることで、業務改善や意識改善につなげ、サステナブルな社会の実現へと貢献していきます。

大和ハウスグループCSR自己評価指標の6つの視点