公園整備

公園整備

公園整備
11.住み続けられるまちづくりを13.気候変動に具体的な対策を15.陸の豊かさも守ろう

 当社は、緑化事業のさらなる拡大を図るため、都市公園における公民連携事業(パークマネジメント)に参入しています。
 当社が代表企業となる「鶴見緑地スマイルパートナーズ」は、 2020年4月より「鶴見緑地指定管理事業者」として花博記念公園鶴見緑地の維持管理および魅力向上事業の創出を行っています。
 この公園管理は、大阪市が花博記念公園鶴見緑地の再生とさらなる魅力創造を目的に指定管理事業者の公募を行い「、鶴見緑地スマイルパートナーズ」が選定されました。
 今後も、都市公園の価値をさらに高めるとともに、地域に親しまれ次世代に継承されるよう、民間のノウハウ・アイデアを取り入れた指定管理事業を行っていきます。
 また、当社は三重県桑名市の「多世代共生型施設整備事業および公園整備事業」に参画しています。
 この事業は、桑名市が独自に行う民間提案制度「コラボ・ラボ桑名※」を通じて桑名市福祉協議会が提案を行い、それに基づき実施された民間提案事業者の公募が行われ、当社と桑名市福祉協議会が共同提案した内容が選定されました。
 多世代共生型施設(福祉ヴィレッジ)を公園とともに一体整備を行い、継続的な管理運営を行うものです。
 多世代共生型施設は、養護老人ホーム・児童発達支援事業所・特定相談支援事業所・障害児相談支援事業所・保育所・母子生活支援施設へ「通所・入所・相談」等を包括的に提供できる機能を追加していく予定です。
 福祉サービスを一体的・包括的に提供することで、地域共生社会の実現を目指すとともに、公園を整備することで地域の交流の場となるよう取り組んでいきます。
 今後も継続して緑化事業の拡大に取り組むとともに、パークマネジメント事業を通じて地域のにぎわいを創出していきます。

※コラボ・ラボ桑名:桑名市独自の民間提案制度。(桑名市の社会課題・地域課題の解決を目指し、民間事業者等と行政の対話により連携を進め、お互いの知恵とノウハウを結集して、新たな解決方法、新たな価値を創出する公民連携ワンストップ対話窓口です。

公募設置管理制度および指定管理制度による公園整備・緑化事業
11.住み続けられるまちづくりを13.気候変動に具体的な対策を15.陸の豊かさも守ろう

 当社が代表企業となる鞍ケ池公園ミライプロジェクト共同企業体は、官民連携により愛知県豊田市の「鞍ケ池公園」のリニューアルに携わりました。
 この公園再整備は、民間のノウハウを活用し鞍ケ池公園で新しい魅力的なミライ空間を創造するために、豊田市が整備事業者・指定管理者を公募した事業で、当社が代表企業となる共同企業体が選定されました。
 鞍ケ池の景色を眺められるカフェや高速道路からアクセス可能な「キャンプフィールド、乗馬体験施設」を整備し、2021年5月にリニューアルオープンしました。
 今後も、キッチンカーの出店などのさまざまなイベントを継続して企画し、公園の魅力向上に取り組んでいきます。

鞍ケ池公園(愛知県豊田市)
鞍ケ池公園(愛知県豊田市)