大和リース SDGs「私たちの約束」

大和リース SDGs「私たちの約束」
ー事業の複合化で課題解決に貢献ー

 当社は、SDGsの達成に向け、事業と通じて世界共通の改題解決に取り組み、持続可能な社会を目指します。

規格建築事業部

「公民連携」で地域活性化を推進
取締役常務執行役員 規格建築事業部長 森川 年人

 当社は公民連携で社会課題を解決するPPP(Public Private Partnership)事業を展開してもうすぐ20年になりますが、その間、 全国で24カ所のPFI事業、900カ所以上のPPP事業を実施してきました。
 少子化 ・ 高齢化、人口減少、地方公共団体の財政逼迫が課題として取り沙汰されるなか、公民双方の得意分野を活かし、民間企業としてシンプル・ スピーディーに公共サービスを実現していきます。

流通建築リース事業部

商業施設を中心に地域課題を解決
取締役常務執行役員 流通建築リース事業部長、コインパーキンク事業部長 森内 潤―

 当社は全国約170カ所の複合商業施設において、地域に根ざし、社会に寄り添い、皆さまから信頼される施設となるよう、日々のショッピングはもとより、あらゆるお客さまのコミュニティの場、労働環境の場を提供してきました。
 また、循環型社会の拠点となるリサイクルやフードロス対策の活動にも積極的に取り組んでいます。
 今後も、地域の課題解決のため、世の中の変化にいち早く対応し、皆さまが求めるモノをすぐに施設で展開。ご来店くださるお客さまが楽しく安心してお買い物をしていただけるよう、それぞれの地域でお客さま満足度N0.1を目指していきます。

リーシング ソリューション事業部

新たな価値共創によりビジネスモデルを柔軟に展開
執行役員 リーシング ソリューション事業部長 田村 謙二

 日本初の仮設建物をリースする事業の先鞭をつけた当社は、リースを切り口に60年の長きにわたり日本を支えた重厚長大産業の一助を担ってきました。
 今後、社会環境が自まぐるしく変化する先の見えない時代において、多くの人々が必要とするものを「社会」「経済」「環境」に対して統合的に取り組み、将来最適で社会に貢献できる場を拡げていきます。

環境緑化事業部

都市環境を整え、人々が心地よく過ごす空間を提供
取締役常務執行役員 環境緑化事業部長 嶋田 浩司

 事業創設以来、建物の壁面や屋上の特殊緑化、屋内の緑化などあらゆる施設に緑化を展開してきました。特殊緑化において日本での施工面積シェアで約2割となりました。
 また、再生可能エネルギーにおいては当社の企業活動で消費する電力の約4倍を発電する施設を保有するに至りました。
 今後は、既存事業を発展させるとともに、都市公園における公民連携事業にも積極的に取り組み、時代の多様化するニーズに対応していきます。

民間活力研究所

「公民連携」による地方社会の課題解決
取締役常務執行役員 民間活力研究所担当 浮穴 浩一

 当社は地方創生のもと、地域経済の好循環や公的負担の抑制などの課題解決を図るべく、全国の自治体と協働で地域の社会資本整備を行ってきました。
 これからも、地域社会の課題解決のために、革新的な手法によるコミュニティの場の形成や地方社会の課題解決の一翼を担っていきます。

技術部門

地球環境への配慮と業務効率アップを推進
取締役常務執行役員 技術本部長 安藤 敦

 地球温暖化、産業構造の変化により地球環境への配慮と業務効率化が次代の建設業の課題と考えます。将来を見据え、先進的な建築 設計によるエネルギー負荷の抑制、自然エネルギーの積極的な活用、高効率な設備システムの導入等、建築物の省エネを推進します。
 さらに、企画 ・ 設計•生産 ・ 施エ ・ 維持管理に至るまで建物のライフサイクルに関わる全部門に、より有効なIT化を推進し建設業の飛躍につなげていきます。

管理部門

“できるだけできないことに挑戦を・・・”
代表取締役専務執行役員 管理本部長 髙濱 昭夫

「事業を通じて人を育てること」 当社社是の第一項に掲げる言葉です。多くの人の役に立ち、喜んでいただける事業を担うという「公の精神」で従業員が活躍し、働きがいを感じられることが大切だと考えています。
 “できるだけできないことに挑戦を・・・” 働き方や職場環境、自然環境への新たな取り組みに挑戦し、誰一人取り残さない社会の実現に向け、日々企業努力を積み重ねていきます。